満開

DSC_0618

 

医院入り口の紫陽花がほぼ満開に咲きました。

淡い紫色です。昨年より株が大きく育って、花芽も多くなり、かなりのボリュームです。

 

DSC_0617

 

エレの紫陽花は

ガクアジサイ一種です。

特徴は、花の形で、中心に集まっている小さな蕾のようなものが花びらで、その外側にはガク(葉っぱが変化した花を守る部分)が大きな花びらのようについています。この様子が額縁に似ていることから「ガクアジサイ」と名付けられたそうです。

 

ホンアジサイは「移り気」「浮気」「高慢」というネガティブな花言葉を持つのに対して、ガクアジサイの花言葉は「謙虚」。これは、ホンアジサイよりもガクアジサイの方が、装飾花の数が少なく、その姿が謙虚に見えることにちなんでいるとされているそうです。

 

梅雨に突入したんだな~☂⛆⛆☂☂

GW 2020

こんにちは。

今年のールデンウィーク Golden Weekは

まんウィーク Gaman Week

んばろう!ウィーク Gannbarou  Week

この状況を前向きに捉えて、時間を有意義に過ごすよう工夫しています。

(といっても暇です(* ´艸`))

同じことをするにしても、より慎重・丁寧に時間をかけてしたり

 

毎年GW中に冬物の片付けをしていますが、そのひとつに

☆ ☆ 電気毛布をしまうこと ☆ ☆

DSC_0590

冬の寒さをしのぐのに大変好評のあるこちら電気毛布を来年に備えてお手入れしてからしまいます。

今年はゆっくり丁寧に

時間に追われず

まずは、ビニール袋にいれてダニ退治モードにして6時間

DSC_0591

DSC_0593

その後、掃除機を両面にかけ洗濯機へ

お日様に干して終了

同じことをするにしても、より慎重・丁寧に時間をかけてね

 

歯ブラシもじっくり時間をかけてしましょう

利き手ではない 反対の手で歯ブラシしてみるのもアイデアですよ。

 

 

感染予防対策

こんにちは。

今日から5月ですね。

そして令和の元号になって1年が経ちました。

そんな今日、待ちに待っておりました品が届きました!!

DSC_0603

DSC_0605

ウィルス飛沫感染対策

デスクパーテーション

保護フィルムが両面に貼られている状態では不透明ですが、フィルムを外して設置してみると

こんな感じです☟

パーテションあり☟DSC_0606

ちなみにパーテションなし☟DSC_0604

DSC_0607

左右の脚部もしっかりしているので、倒れる心配はなさそうです。

受け渡し窓口がついているので、利便性も抜群。

ゆういつ、保護フィルムがあまりにもピッタリ、きれいに貼ってあったため剥がすのが大変でした。

人をウィルスから守るために

自分をウィルスから守るために

うつさない & うつされない

出来ることから頑張りましょう

ジャスミン

今年も見事な開花が期待できそうです。

開花とともに香りも日に日に増しています♫♪♫

DSC_0589

でも

今年は見てもらえる機会が少ないですね・・・

多くの人が外出を自粛し、感染を拡散させない予防対策としては非常に重要なことです。

なので私も医院入り口(外)側からではなく、医院の中から写真を撮りました。

お花もつぼみもみんな同じ方向、あっちむいて左を向いています。日が当たる方に。

一日も早い終息を願うばかりです。

出来ることから頑張りましょう

しゅうそくって

終息?

収束?

標準統合辞典によると終息の方が正しいのかな??

感染対策

先日「新型コロナウィルス(CODVID-19)パンデミックを想定した歯科医院マネージメント:アメリカの事例から学ぶ」というネット配信を視聴いたしました。

新型コロナウィルスに対する感染予防対策につきまして

①来院される患者様と私たちの感染=交叉感染をなくすため

②中野区や診療所近隣地域の感染ピークを可能な限り低くするため

③本当に必要な医療最前線に医療物資が届くようにするため

エレ矯正歯科では、患者様に安心して通院いただけるように以下の取り組みを行っております。

・院内入り口に消毒用アルコールの設置

・ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保

・診察と診察の間に共有スペース、診察台の消毒用アルコールによる清拭

・診療室内の換気

・待合室の雑誌等の撤去

上記以外、常日頃より行っている感染予防につきましてより注意を払っております。

DSC_0584 (1)

1日でも早く終息して欲しいと願うばかりです

そのためにも出来ることから頑張りましょう。

ハゴロモジャスミンが一輪開花しました。

DSC_0583

STAY HOME

こんにちは。

令和2年4月7日、新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を踏まえ、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令されました。

「緊急事態宣言」とは

期間と地域を定めた上で不要不急の外出を自粛するよう「要請」できるほか、事業者などに対して店舗や施設の使用制限を「要請」できるようになります。一方で、政府は、日本の「緊急事態宣言」は強制力のある措置は限られ、海外のような「ロックダウン」=「都市封鎖」ではないとしています。

「外出自粛の要請」

新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第1項に基づき、医療機関への通院、食料の買い出し、職場への出勤など、生活の維持に必要な場合を除き、原則として外出しないことを要請しています。

やむを得ず外出する場合以外は、不要不急の外出は避けてください。外出される場合は、人との間隔を2メートル以上空けて、密閉、密接、密集という三密状態にならないように注意願います。

私も出来ることから少しずつ、頑張れることからコツコツと。なるべく早く終息することを願いつつ穏やかに生活しようと心がけています。

一人で窓の掃除をしたり、部屋の掃除をしたり。。。

マスクを手作りしました。

DSC_0570

家の掃除をして出てきた布を使って

かーなーり久しぶりのミシンと格闘

DSC_0572

DSC_0571

こちらもかーーなーーり久しぶりのアイロンがけ

作成時間は40分くらい??参考にしたYou Tube情報では所要時間20分とあったので倍ですね(´;ω;`)ウゥゥ

なんとか完成!!!

DSC_0573

子供用と大人用を作ってみました。

終わった後の感想としまして

楽しかったです。

また作りたいなと思いました。

皆様も作ってみてはいかがですか?

テディベア・ハント

こんにちは。

テディベア・ハントをしてみました。

 

DSC_0576

医院入り口です。

ガラス越しにクマのぬいぐるみが2体いるでしょ((´∀`))

DSC_0576

テディベア・ハントとは

世界中でロックダウン(都市封鎖)が行われ、自宅待機令が出ている中、ニュージーランドで行われている試みです。

散歩に出た子供達が、家族と一緒に近所を散歩した際、民家の窓辺に飾ったクマのぬいぐるみを見つけるという遊び。

これが「テディベア・ハント」です。

 

 

散歩している人達に見える場所にクマのぬいぐるみを置く。もしぬいぐるみがなければ、クマの絵を描いて飾る他、トイ・ストーリーやシュレックなど子供が好きなキャラクターの人形を飾るなど様々なアイデアで子供達を楽しませることができるいう試みを知ったので私も早速、参加してみました。

 

DSC_0577

窓辺に置いたテディベアを見つけるというアイデアは、1989年に英国人の絵本作家マイケル・ローゼン氏によって書かれた有名な絵本『We’re Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマ狩りだ)』から着想を得たもの。家族5人と犬1匹でピクニックに出かけ、冒険気分を盛り上げるため『クマ狩り』の歌を口ずさみながら野山に分け入ると、思いがけず本物のクマと遭遇してしまうというストーリーからだそうです。

 

DSC_0580

 

 

 

目配り・気配り・心配り

こんにちは。

少し前の話になりますが、日中に趣味の土いじり(花のお手入れ)をしました後、しばらく親指に違和感がありました。

夜になっても違和感は続き

診療で使うハズキルーペで見てみると

DSC_0231

なんかいる👀

(拡大写真が撮れなかったです)周囲のお肉は白くなっています👀

四苦八苦して指の腹から出てきたのが

DSC_0232

小さい小さいトゲ(棘)でした。

大きさの比較にクリップを置いてみましたが、本当に小さい。

こんなに小さいのに何をするにも違和感があり、わずらわしかったです。

人間のからだは敏感に反応するものなんだと感じました。

歯列矯正治療中、前月には無かった違和感があるというお話を聞くことがあります。矯正装置(ブラケットやワイヤー)は比べ物にならないほど大きいですし、前月には無かった違和感???となれば、ワイヤーや結び目の処理に問題があるのかも?

もっと細部まで確認を怠らないよう診療しようと思いました。

「目配」・「気配り」・「心配り」診療を改めて心がけるようにしたいと思います。

お口の健康

こんにちは。

今日は

令和2222

西暦2020年222

2のゾロ目です。今日誕生された赤ちゃんは凄いですね!

出産時刻も222分とか!!奇跡です!

改めて、今日は唾液について。

歯とお口の健康維持 は 全身の健康へとつながる大きな役割があります。

カギをにぎるのが「唾液の力」です。

唾液は 口の中の健康を維持するのに重要な役割を果たしているのをご存じですか?唾液の抗菌作用や消化作用といった幅広い役割について少しお話したいと思います。

自浄作用クリアランス作用

・・・・飲食するとお口の中は酸性に傾きます。唾液の力により約2分でお口の中は中性になりはじめ、約30分でアルカリ性になります(ph緩衝作用)。この働きでむし歯を防ぐのです。

アルカリ性になると唾液に溶け出していたリン酸カルシウムが歯に戻ります。これを再石灰化といいます(再石灰化作用

抗菌作用

・・・・唾液の99%は水分です。残りの1%に含まれる電解質や酵素が含まれており、これまでの研究から、口や胃腸の菌の繁殖を抑制する働きがあるとされています。

また、唾液中の酵素には発ガン作用を消す働きがあるとも言われています。

粘膜保護・修復作用

・・・・唾液という水分により、お口の中は常に保護されいます。口の中にできた傷ややけどなどが速く治るのは唾液という水分のおかげなのです。この水分は食べ物を飲み込むための溶解・凝縮作用もしてくれています。食べ物を飲み込むために適した水分量があり、例えばごはんでは65%の水分量が必要です。

唾液は飲食時以外の安静時にも分泌されていますが、飲食の刺激によって大量に分泌されます。

よく噛んで食べる!ことによって様々な唾液の力の恩恵があるということです。