歯列矯正治療

こんにちは

既に矯正治療を始めている方は経験していただいていると思いますが、矯正治療には精密検査が欠かせないものになっています。

今回は、矯正治療の流れにについて(なぜ相談と検査が必要になるのか)をお話していきたいと思います。

まずはじめに 初診相談 をいたします。

■初診相談・コンサルテーション

相談とは「患者さんがどういったところを気にして矯正治療を受けようと考えたのか」ということからヒアリングを行い、

治療を行うにあたって大事にしていることや治療方針などを説明する過程になります。

要望と治療方針が一致しているかを患者さまの目線から確認していただく機会になるかと思います。

次の段階には・・・検査が必要になります。

■精密検査

相談を経て患者さまが「治療を検討してみようかな」ということになれば、検査に進みます。

検査とは、患者さまそれぞれの歯列(歯並び)や骨(成長)の状態、不正咬合の具合などを把握して治療内容を決定していく材料になるものです。

レントゲンやCTなどを使用しながらしっかりと検査を行い現状を把握するので、

この検査まで行なう事で、治療期間や費用などが定まってきます。

顎や口腔内の全てをチェックしていると言った方が分かりやすいかもしれません。

この検査と診断を曖昧にしたままスタートすると、

後から問題が発生したりして治療方針を変更したり、期間が想定よりはるかに長くなってしまうということが起こり得ます。

時には信頼関係の問題にもなりかねません。

そのため、検査は治療前に必需です。

そして治療方針を出来るだけわかりやすく説明するように心掛けています。

是非、ご相談ください。

エレ矯正歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です