歯列矯正

こんにちは

「子どもの歯が抜けて、1年近く経つのに大人の歯が生えてこないです。とても心配です。一度、相談に来た方がよいでしょうか?」

「うちの子、まだ全部乳歯ですが、ガタガタです。矯正治療を早く始めた方が良いでしょうか?いま、4歳です。」

「いま、3歳ですが、下アゴが出ています。父親が受け口なんですが遺伝なのでしょうか?心配なのですが、何か今から始める矯正ってあるんですか?」

などなど、お子供さんの歯並びやアゴで何かおかしいと発見してしまったときは、すごく気になるし、不安になるかと思います。

そして

お子さんに歯列矯正をしてあげたいと思ったとき、 一番に頭に浮かぶのは

「いつ頃から始めればいいの?」と悩んでしまうものです。最近では、ネットなどでも色々な情報も飛び交っています。

そこで、お子さんの歯列矯正を始めるタイミングについてご説明していきたいと思います。

ただし、年齢とは関係なく歯の生え代わりなどの個人差があるかと思いますので、大まかに年代別に分けてみたいと思います。

1、乳歯(子どもの歯)の時期・3歳~5歳ぐらい

受け口や下アゴの位置が前後左右にズレている場合は、まだ乳歯の時期ですが、トレーナーといったようなマウスピース型(取り外し式・基本的には家にいる時間・就寝時装着)の矯正治療になります。なるべく正しい機能の獲得を早く始めてあげた方が良いと考えます。それに伴い、正しい歯並びや咬み合わせの誘導が可能です。

早期矯正治療の開始に最適な時期です。

ただし、まだまだ精神的に未熟なこの時期に、矯正でストレスを与えたり、正しく器具が装着できず矯正の効果が得られないこともありますので、お子さんの成長や意識に伴い、慎重に対応することが大切です。

2 、混合歯列初期・小学校低学年 ・ 6歳~8歳

このころになると前歯4本が全て生え変わり、6歳臼歯が出てきます。
この時期に大体の歯並びが決まりますので、矯正歯科で第1期(前期)治療を開始するには良いタイミングだと言えるでしょう。

取り外し式や固定式など様々な矯正器具が使用可能な時期です、正しい診断で、正しい矯正器具の使用が望まれます。

3、 混合歯列期・小学校高学年 ・ 9歳以降

小学校中~高学年になると、犬歯から小臼歯が永久歯へ生え変わります。
この時期になるとブラケットなどの本格矯正が必要となります。

治療計画立案のため、精密検査はかかせません。

お子さんの不正咬合の状態や原因によっては、矯正開始の適齢期が変わってきますので、歯科医師によく相談しましょう。

歯列矯正は、「永久歯に生え変わってからでないと矯正はできない!」「矯正を始めるのは永久歯に生え変わってからでよい!」という時期もありましたが、最近の歯列矯正治療しかり、歯科業界が 予防 に力を入れております。

永久歯列期・中学校以降 ・12歳以降

中学生になるとほとんどの子が永久歯に生え揃っています。
もし、歯と歯の重なりや出っ歯の問題がある場合は、矯正前に抜歯をする必要も出てくるかもしれません。

以上、歯並びの生え変わりや状態や個々でことなります。何か心配ごとがあれば、是非、

歯列矯正専門医に、相談していただくことをおすすめ致します。

エレ矯正歯科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です