歯ブラシとフロス

歯磨き(歯ブラシ)とフロス、どちらを先にすべきか?問題について

まずはフロスと歯ブラシをご紹介しましょうね

DSC_0184

フロス(floss)です

DSC_0185

歯ブラシです

当院(エレ)ではシステマという歯ブラシを推奨しております。

歯磨き(歯ブラシ)とフロス、どちらを先にすべきか?問題についての答えは・・・

フロスを先にする方が良い

という研究結果が出されました。

フロスを歯磨きの前に行うことが最も効果的に歯垢を除去する理想的な順序であると

アメリカの歯周病学会(AAP)による研究により示されました。

フロスをすること=フロッシングにより

最初に歯の間の汚れを解きほぐす

そのあと、歯ブラシ=ブラッシングを行うことにより

水で口をすすぐ際に、お口の中の細菌・汚れをお口の中から取り除くことができるという研究結果です。

フロスの後にブラッシングを行うことで、効果的な歯ブラシができるということ

加えて、フッ化物配合の歯磨剤(歯磨き粉)の使用も推奨するとのことです。

一生涯、使わないとならない歯です。

歯医者による定期健診や適切なケアを受けること(メンテナンス)は必要ですが

日頃、ご自宅で行う歯ブラシが何より大切なのではないかと思います。

フロスの種類、歯ブラシの選び方など是非ご相談ください。

プロの技

こんにちは

 

気になって

気になって

 

暑苦しい夏をむかえるにあたり、エアコン(エアーコンデショナー)は必須ですので

 

エアコン洗浄をいたしました。

 

 

DSC_0237

DSC_0238

フィルター掃除は簡単に出来ますので、しておりましたが・・・

 

外枠を完全に外して、徹底洗浄!

 

そして

エアオン内部のお掃除はプロの技!

 

通常洗い後、塩素系洗浄にてカビ菌を殺し、超音波洗浄!

 

DSC_0236

そして

 

DSC_0239

 

暖房23°設定にて15分乾燥

 

すっきり~☺☺☺

 

 

プロの技はさすがでした。

技術も知識も勝るものはなしと実感いたしました。

梅雨入り

こんにちは

梅雨の季節になりました。

学校歯科健診の結果もお手元に届く時期でもありますね。

不正咬合にチェックあり

専門医師に相談必要にチェックあり

などなど

お手紙をお持ちいただく方が多くいらっしゃいます。

是非、この機会にご相談ください。

今日は梅雨の晴れ間

DSC_0226

DSC_0226

医院入口のあじさいも元気いっぱいに咲いております

快晴です。

DSC_0229

dyson

こんにちは

開業したのが2016年3月

ずっとずーっと

もやもや考えておりましたことが

夏の暑さと、冬の寒さをどうしたものか???

もちろん夏は冷房!夏は暖房!!とエアーコンデショナー(エアコン)に頼っておりましたが、なかなか満足できる室内環境にならないことに困っておりました。

これを解決する策として(ご存じの方も多いと思いますが)

 

空気を循環させるのがいい

ということです。

 

 

でもでも

冬の寒い中、扇風機ってどうなのかな?

 

自宅でも冬時期に扇風機は出しません。

使わない時期は片付けておかないといけないし

収納スペースの確保や、出したり終ったりする労力も面倒だし・・・

 

といことで・・・

・・・・

DSC_0227

 

じゃーン

写真は重いので横のままになりますが

 

dyson hot & cool!

 

DSC_0228

 

 

これで院内を快適にしてね。期待しているよ。

除菌もできるそうなので2倍期待です。

 

エレ矯正歯科