年末年始の休診

2017年の診療が終わりました。

ありがとうございました。

2018年は1月5日(金)より診療いたします。

よろしくお願いいたします。

DSC_0626

ヒヤシンスの球根を水栽培しています。根が出たのが2週間ほど前。

芽が出始めました。何色かな~~~

医療費控除

歯列矯正にかかった治療費は、医療費控除の対象となります。(診断書が必要なこともあります)

確定申告時に申請すると、年間の所得税・住民税から医療費控除額に対する税金分が免除されます。

医療費控除とは

家族で合計して、1年間(1月1日~12月31日)に10万円を超える医療費がかかった場合、確定申告を行うことで一定金額の所得控除を受けることにより、税金が減税(還付)される制度です。確定申告を行うことで住民税も軽減されます。

医療費控除額は最高200万円

(年間医療費支出額-保険金等で補填される金額)-(10万円と「所得金額の5%」とのいずれか少ない金額)

例えば…

矯正歯科治療で、年間70万円の治療費をかけました。

70万円-10万円=60万円となります。

年間の課税される所得金額が600万円の場合、70万円×30%=21万円分の税金が免除されます。

家族とは?適用範囲・・・・

本人、配偶者、子ども、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹など、生計を共にしていた家族。扶養家族ではない共働きのの夫婦も医療費を合計して申告できます。学生である子どもに仕送りしている場合も、生計を共にしているので医療費を合計できます。

保険金等で補填される金額とは?・・・

出産育児一時金、高額介護サービス費等の支給を受けた場合、医療保険の入院給付金等を受けた場合の金額などです。

ワンポイント

  • 確定申告は5年前までにさかのぼって還付を受けることが可能です。
  • 年間の課税される所得金額によって減税(還付)金額が変わります。

年間医療費と収入による減税(還付)金額早見表

年間収入⇒

年間医療費↓
450万円 600万円 750万円 1,200万円 2,100万円
20万円 15,000 20,000 30,000 33,000 43,000
40万円 45,000 60,000 90,000 99,000 129,000
60万円 75,000 100,000 150,000 165,000 215,000
80万円 105,000 140,000 210,000 231,000 301,000
100万円 135,000 180,000 270,000 297,000 387,000

少しだけですが、参考になりましたか?

2017年も残りわずかになりましたが頑張っていきましょう!

エレ矯正歯科

ポインセチア

こんにちは

12月に入りましたね。今年も残すところ31日です。

早いですね・・・と毎年言っております。

クリスマスを意識してポインセチアが今月のお花です。

DSC_0622

片手では持てないほどの大きいポインセチアです。

待ち合い室

DSC_0620

DSC_0621

診療室への入口に飾ってみました。