治療例「受け口(反対咬合)」

前期治療(子どものうちから「歯科矯正」)

「受け口(診断名:反対咬合)」

 

前歯のかみ合わせが反対であることを気にされていらっしゃいました。

治療前 受け口(反対咬合)-治療前

歯の生えかわる時期なので何本か子どもの歯が抜けていたり、揺れていたりしていますが、矯正治療スタートです。

治療後 

成長がすすむと治りにくくなるケースだったので、早い時期に治療をすすめることができて良かった治療例です。

 

初診時年齢:11歳1カ月

装置の種類:固定式装置(上顎)リンガルアーチ

治療期間:9か月  非抜歯

治療費:30~34万円(調整料により前後)

注意点:固定式装置に加え、取り外し式装置フェイスマスクの使用が必要になることがあります。また、固定式装置使用の際は、十分な歯磨き管理が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です