歯列矯正中のむし歯予防

こんにちは。

先日の東京矯正歯科学会のテーマは

 

「矯正歯科医療における口腔衛生管理」

 

 

歯科矯正治療を通してどのような口腔衛生管理をしていくべきか

歯列矯正治療を通して効率的で効果的なむし歯予防をどうしていくべきか

をテーマに行われました。

 

・患者様それぞれが持っているむし歯リスクの評価をすること・

むし歯リスク因子として

唾液が少ない

間食を1日3回以上とるといった悪い食習慣

歯の溝が深い(奥歯の咬む面には溝があり、溝の深さに個人差があります)

・・・・・・などがあげられます。

むし歯リスク因子を評価し、食生活の改善(甘い飲み物を控えるとか)、ブラッシング指導(これが一番重要かと思います)、歯質強化・石灰化促進物質の応用(フッ素など)その評価に対応したむし歯予防管理をしていくことが大切というお話でした。

 

むし歯治療ではなく歯並び治療に歯医者に定期的に行くことで、むし歯予防いう習慣を身につけていくチャンスになると考えます。

 

矯正治療=むし歯になりやすい=むし歯になっても仕方ないというイメージが強いですが、そうではなく

矯正治療=長期のお付き合い=定期的な来院を生かした歯の管理も一緒に

とするために

お話を聞くことができ、勉強できて良かったです。

 

エレ矯正歯科

こんにちは。

お花見に行かれましたか?と患者様にお尋ねすると

ほとんどの方が YES(はい)

私自身も、街中を歩いているだけで「こんなところにも桜の木があったんだ~」と、お花見気分になりました。

 

都内の桜は満開となりました。が、今日は雨、、、花嵐となってしまいました。  そして冬の寒さに逆戻り。体調に気をつけてください。

 

そこで、エレでお花見していただこうと桜が今週のお花です。

DSC_0476

 

 

 

DSC_0475

待ち合い室に置きました。

 

自然の桜雲(おううん)とはいきませんが、桜の花がひとつひとつ可憐に咲いているのが愛でれます。

DSC_0474

 

桜雲(おううん)とは

images桜の花が一面に咲きつづいて、遠方からは白雲のように見えること。花の雲。

 

 

エレ矯正歯科