IN FUKUOKA 2

こんにちは。

先日の学会のテーマは「矯正歯科医療の未来への展望」

・近未来の小子化

・成長期における歯科矯正治療の意義・目的・その有効性

 

といった内容の講演に加え

 

・近年、ますます普及しつつある歯科矯正治療をより安全かつ確実なものにするか

・もっと効率的に歯を移動し、治療期間を短縮化できないものか

 

などの講演を拝聞し、大変勉強になりました。

 

「歯並び矯正は子供の治療」と思われがちですが、大人の方もたくさん相談にいらっしゃいます。先日は78歳の方が相談にいらっしゃいました!関心をもたれた時が矯正相談を予約するタイミングです。エレ矯正歯科までお気軽にご連絡ください。

 

 

学会では、大変勉強になる講演や研究報告の他、なかなかお会いできない先生方とお会いできる楽しみがあります。美味しいご飯と。

 

福岡レストラン茅乃舎さんにお邪魔しました。

 

 

DSC_0097DSC_0099

訪れた11月19日は、七十二候  金盞香=きんせんかさく。冬が訪れる立冬の末候。

金盞とは、水仙の異名。黄金の杯のことだそうです。水仙の咲く様を金盞銀台というように、華やかな感じを受けますが、冬の寒さの中、背筋を真っ直ぐに伸ばして、楚々として咲く姿は凛々しいものがありますよね。

自分の生きる生活を「水仙」は「垂線」にたとえ、真っ直ぐに、負けずに生きようと思う日であります。なかなか難しいですが。

 

DSC_0100

お造りで一緒にいただいた「煎り酒」という、醤油に代わってお刺身を楽しめる調味料。酸味と旨味があるので自然と塩分が減らせることが出来て一石二鳥のスグレモノ。とても美味しかったのでお土産に購入しました。

DSC_0117 (1)

「煎り酒」おすすめの使い方として、お刺身のつけだれ他

蒸し魚や蒸し鶏のかけだれに。鶏肉の煮物に。とありました。

鶏肉料理で活躍してみようと、自分用にも購入。

 

DSC_0105

メイン  料理長おすすめ「トマトすき焼き」

美味しく頂きました。

 

 

 

IN FUKUOKA

こんにちは。

11月18日~20日

第74回日本矯正歯科学会大会が福岡でありました。

DSC_0117

DSC_0083

おおよそ1時間半のフライトで福岡に到着。フライト中、機内サービスがあります。

JALを利用させていただいたんですが、

機内サービスメニューを手に、CA(キャビンアテンダント)の方が

林様、本日はJALにご搭乗、ありがとうございます」って。。。

はやしさま。。。って

私、すごく嬉しい気持ちになりました。名前で語りかけるってすごく大切なんだなぁ と感じました。

 

緊張する歯科治療に臨む時、一番最初「おはようございます」「こんにちは」といった挨拶の際に

「おはようございます。〇〇さん

「おはよう!〇〇

「こんにちは!〇〇ちゃん

と名前で語りかけようと思いました。名前で語りかけることによって、患者様の緊張が少しほぐれるのではないかと。

DSC_0084

大切な心くばりに気づかせていただてありがとうございます。

 

 

FLOWER

画像

こんにちは。

今週のエレのお花「カサブランカ」

DSC_0077

DSC_0078

 

 

 

 

純白の大輪のを咲かせ「ユリの女王」といわれるお花です。

英語の花言葉「celebration(祝賀)」

日本ではカサブランカの姿そのものを表したように「高貴」「純潔」などの花言葉が謳われています。

 

DSC_0079

めしべが、ゾウの鼻のように上を向いている一枚。

 

 

11.8

こんにちは。

11月8日は「いい歯並びの日」

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会が制定したものです。全国のOL300名を対象に歯並びに関する意識調査を実施した結果です。

 

矯正歯科治療について、「知っている」と答えた割合は81.5%

大変多くのOLの方が関心を持たれているのだとわかります。

 

歯並びに「自信がない」45.3%、また矯正をしようと考えたことがある人は46.9%と約半数

 

矯正歯科治療では、治療の結果についておおむね満足感を得ている60%。不満を感じている5.5%。

 

歯科矯正専門の歯科医といたしまして、

治療結果におおむね満足している60%は低い。。。

治療結果に不満を感じている5.5%。。悲しい。。。。です。

対象が300名のOLの方なので、多少偏りがある結果なのかもしれませんが、歯科矯正治療をして良かったと言っていただけるために、まだまだ努力が必要のようです。がんばります!

 

 

 

FLOWER

こんにちは。

今週のエレのお花です。

DSC_0057

お花を見るといい気分になりますよね。診療室には大なり小なりお花を飾るようにしています。患者様にいい気分で診療を受けていただきたいという思いから。花がもたらすパワーについて数々の研究がされていますので、少しご紹介しますね。

1. 花はポジティブな考えにしてくれる

米ハーバード大学の研究によると、朝1番に花を目にするようになると、以前よりも活力が湧いて、元気になったと実感するようになることがわかったそうです。しかも、朝、ポジティブな気分になると、それが1日中持続するのだとか。

2. 花はクリエイティブな思考を刺激する

米テキサスA&M大学による研究では、クリエイティブな問題解決が最も促進されるのは花や植物のある環境だったということです。加えて、男性は提案するアイディアの数が増え、女性はより柔軟性のあるアイディアを提案するようになったそうです。

3. 花は人を本物の笑顔にさせる

米ラトガース大学の研究。花が人の感情にもたらす効果を検証する実験を行いました。フルーツバスケット、キャンドル、花のいずれかををプレゼントされた時の被験者の反応を比較したところ、花をプレゼントされた人は全員、口元だけをほころばせる儀式的な笑顔ではなく、目の周りや頬の筋肉も動かす「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれる「本物の笑顔」を見せることが確認されたそうです。歯科矯正医としては、この結果を聞くと花を見方につけたいと強く感じちゃいました。

その他にも

4. 花は人を社交的にさせる

5. 花は気分をコントロールしてくれる

 

ポジティブに歯科矯正治療に臨み、デュシェンヌ・スマイルが自然に生まれ、会話が弾む診療になるなんて、お花様様です。

DSC_0058

 

ただいま、ピンクローズで患者様をお迎えしております。ピンクの効果はどんな気分コントロールをしてくれるのかしら?

 

ピンク色の花が心と体に及ぼす効果

最も注目したいのは。。。ずばりアンチエイジング効果です。多くの女性にとって永遠のテーマである美と若さをつかさどる色なんですね。そう言うと、ピンクはとりわけ女性の色というイメージが強くなりますが、男性にも効果的なんだそうですよ。筋肉の緊張・弛緩を数値として表わすライト・トーナス値が低く、交換神経に働きかけ脳を活性化したり、血行を良くしたりする効果があるそうです。

とは言っても、男性はもちろん女性もピンクピンクには抵抗が。。。いかがでしょう?小さな小物や飾るお花ぐらいだと取り入れやすいのではないかと思います。